この記事は約0分54秒で読むことができます。

javalangの特定のクラスからメタ情報をクロステーブル形式で標準出力に出力するコマンドつくってみた

すっかり放置していたブログに書いてみる。クラスのメタ定義情報のうち参照しそうな列情報はほぼ決め打ちなので、クロス形式で出力してみた。フルスクラッチなので、クロス形式の実装のえぐみはすごいがリファクタリングしていく布石にはなったとおもう。表頭と表側に分けて考えるのがいいのか。どんなメソッド使えるのかAPIドキュメントを参照してもいいけど、クラス名が分かっていて、手元にjdkあるなら、ファイル化できてデータベースなりにぶち込んでから、じっくりみたりとかそういったのがハンディになると思った。gitに自作コマンドとして公開してみた。
java class dump(jazdump)  

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *