この記事は約3分10秒で読むことができます。

browser-runコマンドを使ったjavascriptのハンディなブラウザ実行環境の整備

githubぶらぶらしてたまたま見つけた。

便利そうだと思ったから試してみた。

https://github.com/juliangruber/browser-run

1つのHTMLファイルごとに起動場所を問わず、WEBページをポート指定でサーブできるようなコマンドの印象を受けた。具体的には、ある小さいタスクをこなすHTMLページ(アップロードなどやjavascriptを利用した通信処理)を常駐デーモン化させる状況を想定した場合、1つのHTMLファイルごとに1つのポートを割り当てることができるので、ディレクトリ構造をフラットに保ったままWEB管理できる印象など。便利だと思う。ポート開放上限までといってもほぼ上限を気にしなくて使えそう。

ポート上限

https://www.iana.org/assignments/service-names-port-numbers/service-names-port-numbers.xhtml


$ mkdir -p 00001-javascriptのハンディなブラウザ実行環境の整備

$ cd 00001-javascriptのハンディなブラウザ実行環境の整備/

$ mkdir -p app

$ cd app/

$ npm init -y
Wrote to /home/aine/script-browser/00001-javascriptのハンディなブラウザ実行環境の整備/app/package.json:

{
  "name": "app",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "keywords": [],
  "author": "",
  "license": "ISC"
}


$ npm install browser-run

$ cat sample-bundle-javascript.html | node_modules/.bin/browser-run --port 9090 --input html

$ sudo lsof -i:9090 -P
COMMAND    PID USER   FD   TYPE  DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
node    576661 aine   19u  IPv6 8230075      0t0  TCP *:9090 (LISTEN)

$ firefox http://localhost:9090/

$ brave-browser http://localhost:9090/

$ chrome http://localhost:9090/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *